3000mAh以上の電池のもちがいい格安スマホは?

格安スマホの選び方格安スマホは1万円から4万円のものがほとんどです。

1万円前後のものもあって一枚を着るものもありますが、それはライトユーザー向けです。

今inから3枚が一般の人の向けに作られているものです。

4枚以上のものはスマホマニアの方はヘビーユーザーそしてゲームが好きなユーザーのためのものです。

スペックがとても高いのですが、普通の方には必要ないものです。

ライトユーザー様のスマホはクワットコア1Ghzメモリーが1GB以上でボムが8GB以上のものが多いです。

そして一般的なスペックのものはクアッドコアで1.2Ghz以上でメモリーが2ギガ以上でROMが16GB以上あるものが多いです。

2万円から3万円のもの

主に2万円から3万円のものです。

そしてヘビーユーザー様のものではクワットコアで2Ghz以上あるものそしてメモリが4GBもあってロングが64GB以上あるものがあります。

そうすると名前が10枚のすごく高い費用がかかります。

スマホの電池の持ち具合の調査モバイルバッテリーこのページでは格安スマホの電池の持ち具合を今日出して紹介しています。

だいたいスマートフォンは電池の寿命があります。

電池の寿命は500回の充電でiPhoneやandroidのスマートフォンが6割から8割程度の電池容量が減ってしまうといわれています。

そうすると何度充電してもすぐに電池がなくなってしまい、市上的に使用することが難しくなってきます。

実際にはモバイルバッテリーを使っている方が多くて750回程度を超えると電池の取り替えが必要になるといわれています。

ヘビーユーザーは2年に1回バッテリーが駄目になります。

ライトユーザーや普通のユーザーは3年から4年ぐらいでバッテリーがへたるといわれています。

bユーザーというのは1日中スマホを触っている女でなんだかんだと1日何時間もスマートフォンを使用している人です。

ライトユーザーはほとんど使わないから頭に電話するというくらいの形で2日か3日に1回充電する程度の人を刺します。

しかしあまりスマホを使わない場合でもゲームをする形は別です。

ポケモンgoなどのゲームを使っているとゲームの画像の描写などで現地を大量に来います。

そして1日に何度も充電することになってしまい、すぐにバッテリーが駄目になる人がいます。

スマートフォンは何年間かに一回買い換えるのがベスト

今までのスマートフォンは年々機能が向上しどんどんと早いスマホになって行きましたが、最近ではスペックが頭打ちになりほとんどデザイン的な機能が変わる程度になっていて乗り換えたからといって早くなるわけではありません。

ですので、4年ほどに一回買い換えるくらいがいいと思います。

4年間に1回変える変えないといけない理由はcpuやメモリなどが古くなってきて使えなくなってくることをsのセキュリティーの問題などが問題になってくるからです。

それで4年間ぐらいで電池の交換とともに新しいスマホに変えることで中身を新しくできます。

ライトユーザーの場合は場合によっては5年以上6年以上持つことがあります。

しかし電波の問題や部品が古くなってくる事セキュリティの脆弱性などの問題が出てくるので15年で買い換えた方が良いでしょう。

ヘビーユーザーの場合は2年以内で駄目になることが多いです。

電池は交換できるものと交換できないものがあるのですが、交換できないタイプだと8000円から10000円程度の費用を出して修理してもらう形になります。

自分で交換できるタイプされば自分で電池を3000円から4000円で購入して交換することができます。

最近ではバッテリーが取り外せないタイプのものが多いので多くの方はドコモなどに頼んでバッテリを交換してもらうことになると思います。

参考:IIJmio・みおふぉんのスマホ

電池交換の費用

iPhoneだとレンジ台の交換は1万円程度かかりますか上野スマホなら7000円程度ぐらいです。

スマホを選ぶときに値段や通信平戸目安にするかたいと思いますが、電池を消費するのが分かっている方は電池交換費用はどのくらいするのかを目安にしてもいいと思います。

というのは2万円も電池交換にお金を出していたら新しいスマホが買えるかもしれないからです。

その場合はiPhoneバッテリーの交換が出来ます。

また数は少ないですが、自分でバッテリーの交換ができるスマホもありますので、そちらを検討してみてください。

交換電池は一個3000円ぐらいです。

例えばgalaxyなどは自分で電池を変えることができます。

ヘビーユーザーで値段の高いスマートフォン購入する場合は電池交換ができるかも大切になりますので、事前に電池の交換手順など確認しておいた方が良いと思います。

外部リンク:電池交換について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする