DSDS対応のスマホで2台持ち

格安スマホのプランの選び方を詳細について格安スマホは今までのスマホ代が3分の1になると宣言されています。

これを鵜呑みにしているともしかしたらあなたの電話代金が3倍に跳ね上がるかもしれません。

月額料金の安さだけで導入してはいけません。

他の代金もちゃんと考える必要があります。

参考記事:楽天でんわ

格安スマホとは何か

ですので確実に電話代金を安くするために自分に合ったプランを選ぶためにこのページでは

  • 格安スマホとは何か
  • どうすると安くなるのか
  • どんなところがドコモなどのキャリアと異なるのか
  • 無難な選択肢は何なのか
  • 人気なのはどんなのか

について解説したいと思います。

最後まで読むと大量の文字数と形から2時間がかかり疲れると思いますが、格安スマホに乗り換えたい場合は必ず取らないといけない道ですので、我慢してお付き合いください。

格安スマホとは何か格安スマホの選び方とは格安のホテルは値段が安いというので格安という名前がついていてそしてシムフリーでシムロックがかかってにないという特徴があります。

シムフリーのスマートフォンというのはドコモでもauでもソフトバンクでも使えるようにシムロックは解除してあるものでシムロックを解除する費用などがかからずお得になっています。

ここでは格安SIMとスマホ本体をセットにした場合の料金プランという意味で調べ方について解説していきたいと思います。

格安スマホの変え方には二つの種類があります。

格安スマホは格安SIMとセットで買う方法とバラバラで買う方法があります。

セットで買うときはメリットがあり使えないシムと本体を間違ってしまわないということがあります。

初心者は使えない格安SIMを無理やりスマートフォンに押し込み音することがありますが、それだと格安SIM8本体を買い直さないといけなくなり胸になります。

格安SIMについて詳しく調べていて分かっている人なら格安SIMと本体がバラバラになっているものを購入しても大丈夫です。

セットで買うときのメリットは間違わなくて済むことです。

しかしデメリットもあり数がとても少ないです。

デメリットもある

自分の一番お気に入りのデバイスがその格安SIM会社のシムとして提供されていない場合はその中から選ばざるを得なくなり大体一社で4種類程度から選ぶことになると思います。

ですので、自分にベストなものを選べないのであまりスマホを使わない初心者のかたや高齢者の方などはこのセットになっているものを購入したらいいと思います。

スマホバリバリ使ってスペックも必要でカスタマイズもしたくてヘビーユーザーだという方は格安SIMと本体はバラバラに買ったほうがいいと思います。

シムフリーのスマートフォンというのは発売されてからあまり日が経っていないと割引されていないものです。

しかしだんだんとamazonや楽天なので実質の価格が下がっていきます。

ですので下がった頃が狙い目です。

格安スマホの所有者の方はセットで申し込んだ方がいいと思います。

しかしこの場合も少し設定が必要でネットで申し込んだら届いたところでサインなどをして少しの設定をすることで格安スマホを簡単に使うことができます。

格安スマホの相場平均的な月額使用料は格安スマホの本体は平均的な本体価格は3万円程度だといわれています。

平均的な月額使用料

そして平均的な月額使用料は1700円ぐらいと呼ばれていて分割で購入した場合は2年間で月額3000円程度に抑えることができます。

大手キャリアだと大手キャリアというのはauやソフトバンクなどのことですが、スマホ込みで月々7000円近い支払いが普通になります。

ですので本体を買い直しても月額3000円で抑えられるということはあまりにも格安だと思います。

普通の人が普通に格安SIMを使った場合はこんな感じの月額料金になります。

とてもざっくりしていますが、大まかにいうと半角程度になると考えられていいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする