ドコモのガラケーと格安スマホどちらが長時間電話が安くなる?

ですので基本的などこから選んでもいいのですが、ドコモが一番回線契約を置くまた格安SIMのシム会社の回線はドコモが使われていることが多いので、格安スマホとして使う場合にを考えてSIMロックのことを考えるとドコモの回線を選んでいた方が良いのかなと思います。

ここからはドコモスマホauやソフトバンクの通話し放題ガラケー版を紹介したいと思います。

ドコモのガラケー通話し放題

ドコモのガラケー通話し放題は2,200円の月額料でいくらでも電話をすることができます。

電話がしかし国内のものに限ります。

プランはかけ放題プランというものでフューチャーフォンガラケーを持っていない場合はアマゾンなどでガラケーを購入することができます。

ガラケーは値段が安く5000円から2万円ぐらいで買うことができます。

これをもってドコモのショップに行って2200円のかけ放題プランを契約することができます。

ソフトバンクにもガラケーの通話し放題があります。

通話し放題は月額2200円で国内通話にかけられますが、いくらかけても大丈夫です。

やはり格安スマホどっちがいいキャリアの場合はSIMlockがありますので、ソフトバンクのかけ放題をする場合はソフトバンクのガラケーが必要です。

このソフトバンクのガラケーについてですが、amazonや楽天などでソフトバンクのこのな方法が考えられます。

長電話を良よくする場合は格安スマホとガラケー2台持ちするのがベストです。

Auのガラケー話し放題プランauにも2200円で月額2200円で国内通話が無料になるサービスがあります。

auのガラケーはSIMlockがありますので、auのものでないといけません。

しかし2020年に販売が終了して使えなくなる可能性がありますので、あまりこれから格安ガラケーを導入する場合はauは避けておいた方が良いと思います。

2020年というのは3年後です。

からかなり近い将来ということになります。

ここまでのまとめですが、ガラケーはauとソフトバンクとドコモがありますが、特別こだわりがないというのであればドコモのものがおすすめです。

ドコモのは2022年までは停止にならないとされていて一番長く持つことができるからです。

ガラケーと格安スマホを1台にまとめる

DSDSにするにはガラケーとスマホを1台に求められるというサービスが登場しましたこれはデュアルスタンバイといわれていて通称DSDSと呼ばれています。

DSDS対応のスマホが販売初始まりこれでガラケーと格安SIMのカードを一枚ずつ出すことで2台持ちする必要がなくなりましたDSDSの使い方は2通り考えられます。

一つはドコモのFomaカードと格安SIMのデータSIMを使う方法ともう一つは格安SIMのデータSIMとドコモのFomaかけ放題を使うことです。

タイプssバリュープランというのは多摩に電話をする場合でも月額料金が抑えられるもので家族みんながこの携帯会社を使ってる場合家族間の通話が0円になってしまいます。

ドコモのタイプssバリュープラン最大25分間の電話が無料になり月額930円でデータSIMの料金としては月額200円900円の代金で済みます。

この場合合わせた場合の値段が1834になります。

この方法は良い方法ですが、無料通話を全て使い切ってしまうとその後に携帯の電話料金がもろにかかります。

Smartalkの料金

頃にかかるというのは30秒20円という料金で楽天電話などに比べると台近く値段がかかります。

Fomaカードのかけ放題を使ってデータSIMと組み合わせると長電話が安くするようになります。

ガラケーの場合は月額2200円なのですが、スマホで使うと指定外デバイス利用料というのが加算されて500円プラスになる2700円なってしまいます。

ですのでガラケーと格安スマホ1台のまとめたくて勝つ長期間の電話を安くしたい場合はFomaFomaカードのかけ放題とデーターシムをプラスすることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする