楽天モバイルの格安シムは遅いのか速いのか?

ですのであまりそこにこだわらないければ問題ないと思います。

ゲームアプリをよくする場合は楽天モバイルの場合厳しいと思います。

ダウンロードの速さが遅くなってゲームがストレスになるかもしれないからです。

しかし楽天モバイルはスマホ本体を安く購入できるというメリットがあります。

そのため最悪の場合はデータ専用SIMで契約しすぐに他の格安SIM会社に乗り換えて格安スマホ代を安くするという方法もあります。

UQモバイルのように使えるスマホが限られているところは別ですが、iijみおやDMMモバイルなどのようなドコモ回線を使っているところであれば楽天モバイルから簡単に乗り換えることができます。

楽天モバイルのメリット

楽天モバイルのメリットはやはり格安スマホがかなり安く購入できるところです。

今では8割近く安く購入できるスマホ周りそのようなスマホを買いたい方にとっては乗り換え前提で楽天モバイルを購入してもいいぐらいのものです。

特にamazonやビックカメラなどと比べると一枚も二枚も安くなることもあります。

しかし12ヶ月の縛り回数がありますので、12ヶ月間は解約すると違約金がかかります。

そしてキャンペーンの割引率などはその時によっても異なりますので、目が利く人でないと安いものを使うことはできません。

そしてもう一つ注意しないといけないのは分割払いの手数料が高いことです。

格安スマホは分割払いをすることができるようになっていますが、楽天モバイルの分割手数料はとても高いのであまり得になりません。

というのは10%以上も手数料がかかってしまうからです。

つまり2万円ぐらいであればに3000円の無駄な出費が払ってしまうということになるからです。

楽天モバイルのポイントその2楽天モバイルのポイントその2は楽天で購入するものがポイントがつくということです。

楽天で購入すると楽天ポイントが2倍貯まります。

2倍というのを多いと考えるが少ないと考えるかは人によると思いますが、単純2倍になるので100円につき2ポイント貯まることになりますそしてその差は1万円で100円程度の差にしかなりませんので、わざわざ楽天で買い物をするというような人は別に選ばなくてもいいと思います。

楽天モバイルは通信速度が高速通信と低速通信をオンにするオフにすることができるのですが、高速通信をオフにしてもデータ量の消費はカウントされます。

ですので他の格安SIMのように高速データ通信をオフにすればデータ容量が食わないというわけではありません。

外部リンク:楽天モバイル

注意する人

そのため9点は注意する必要があると思います。

普通のユーザーはあまり困ることはないのですが、困る人がいます。

それはインターネットでラジオやストリーミングで音楽をたくさん聴くという人です。

このような形は速度制限に引っかかって困るということになってしまいます。

その場合は高速データ通信をオフにしてもデータを消費しない他の格安SIMを選んだ方がいいと思います。

楽天モバイルのデメリット3日間で使えるデータに速度制限がかかる高速データ通信ができる状態であっても3日間の規制に引っかかってしまうと200Kbpsになってしまいます。

どのくらいの容量で規制に引っかかるかというと契約している通信プランによるのですが、20GBプランと30GBプランでは速度制限はなく10GBプランで1.7GBが3.1GBプランでは540mbで制限がかかります。

3日間でデータ容量が引っかかるということですが、普通に使っている場合はほとんどかかりません。

しかしまれにアプリなどを大量にダウンロードしてしまって3日間速度制限引っかかることもあります。

最近では楽天モバイル以外に3日間の速度制限を設けているところは少なくなりました。

UQモバイルは3日間で6GBを使うと制限がかかりますが、他の格安SIMではそのようなことがなくなりました。

普通に一か月分のデータ容量を使うまでは速度制限がかからないんだったということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする